軽の改造車

軽自動車は今や、日本のクルマ市場を支えている存在であると言われるほどまでに成長しました。エコロジーや低燃費が叫ばれ、維持費の安さもあいまってここ数年で爆発的に保有台数が増加したためです。それに比例してこのジャンルの改造車もたくさん出回っています。

宅配便や郵便配達のバンもそうですし、ノーマルでは少し物足りないと言う人が手を加えて乗っているのです。ホンダやスズキ、ダイハツなどから続々と生み出され、アフターパーツメーカーが後付部品を売り出すのが、今の業界を生きのこる策であると考える人も居ます。走りを求めるよりもどちらかと言えば、女性のユーザー向けの可愛らしいドレスアップが好まれる傾向にもあります。