セレナ

ここ数年、ミニバンの販売台数のトップを走り続けるセレナは、初代C23型の発売以来、ロングセラーを続けている。実用性の高さはもとより、乗る人が心地よいと感じる居住性、装備、優れた経済性などミニバンに求められる能力が追求され、ファミリー層はもとより、ファミリー以外の層からも支持を集めている。

現在販売されているのは2010年に発売された四代目C26型のセレナだ。三代目のデザインを継承しつつも室内寸法が拡大されており、室内長は300mm延長されていることから、後席、3列目ともに足もとスペースはクラストップレベル。頭上空間の広さもあり、どの席でも十分快適にドライブすることができる。また、スライドドアの開口部を広げて乗り降りがさらにしやすくなり、子どもを抱いたままの乗り降りやチャイルドシートの着脱なども便利になった。

また、新型のエンジンを搭載したことでさらなる低燃費を進めた。停車中のガソリン消費を抑えるアイドリングストップ機構の採用により、クラストップレベルの燃費性能を実現。また経済性だけではなく、街中で使用する頻度が高い低速・中速行きでの特性に優れており、少ないアクセル操作でスムーズに走ることができることも嬉しい。

同じクラスにはファミリー層をターゲットにした様々な各社のライバルがひしめきあい熾烈な競争が繰り広げられている中で、セレナがトップセールスを続けられているのはミニバンユーザーの様々なニーズをどれも高いレベルで満たすことができているからだ。